ベトナムの有機農業の実情と流通及び経済動向視察

すいてん・NICONICOYASAI 共同企画

ベトナムの有機農業の実情と流通及び経済動向視察

  1. ベトナム農業の発展に於ける有機農業の現状(NICONICOYASAI10年の歩み)

  2. ベトナム農業の流通と消費実態について

  3. ベトナムの経済動向

  4. ベトナムの雇用状況について

  5. ベトナムの食生活・文化・歴史を探る


期間 7月16日~22日(6泊7日)

アテンド 日本人1名、ベトナム人1名

1日目 welcome to vietnam
7月16日(月)

 8:55→12:25(羽田)

10:30→12:45(福岡)
10:30→13:00(関西)

ホテルの送迎バス(1.2.3ホテル)
15ː00 ホテルチェックイン 1・2・3ホテル(ビジネスホテル)
候補(旧市街散策、ドンスアン市場、安南パーラー)
18ː00 夕食 
ウェルカムパーティ@Quan An Ngon(ベトナムの各地の料理)
21ː00 ホテルに戻る

 

2日目 消費・経済動向と文化歴史探索
7月17日(火)
 7:00 朝食 @ホテル内
 8ː30 出発
 9ː00 JETRO表敬訪問(消費動向・経済動向)
11ː00 オペラハウス、メトロポールホテル、ホアンキエム湖周辺を散策
     (候補:戦争証跡博物館、ベトナム歴史博物館、ホーチミン博物館)
12ː00 昼食
13ː30 一路モクチャウへ(チャーターバスにて)
     (途中、北部の山岳風景、少数民族の村)
18ː30 ホテル着 チェックイン @HOME STAYゲストハウス(少数民族の方のやっているゲストハウス)
19:00 夕食 
21ː00 ホテルに戻る

3日目 少数民族と乳牛とお茶の産地農場訪問

7月18日(水)
 8:00 朝食
 9:00 佐藤園さん(日系お茶会社)
11:00 NICONICO農場 @モクチャウ
12:00 昼食 @農場にて
14:00 那花さんのいちご農場
16:00 ホーチミンさんの史跡 モクチャウ、ノンチュン地区の生まれた歴史
18:00 ヤギ鍋
21:00 ゲストハウスに戻る
      就寝

4日目 モクチャウ→ハノイ→バンメトート 1700㎞の移動
7月19日(木)
 7:00 朝食
 7:30 モン族の村周辺を散歩
 8:00 出発 
14:00 ハノイノイバイ空港周辺到着
17:00 ハノイノイバイ空港発
   ↓
18:40 バンメトート空港着
19:30 ホテルチェックイン ダムサンホテル
20:00 夕食 無茶々園、仙台日本語学校の方々と会食
21:30 ホテルに戻る
      就寝


5日目 コーヒーとカカオとはちみつの農園
7月20日(金)
 8:00 朝食 @ホテル  
 8ː30 AZZAN COFFEE
 9:00 市場散策
10:00 カカオ農園、カカオスムージー
11:00 NICONICOYASAI農場  
12ː00 昼食  NICONICOYASAI農場にて
14ː00 もっちゃんの農場、無茶々園バンメトート農場
16ː00 仙台日本語学校 表敬訪問
17ː00 ホテルチェックイン 休憩
19ː00 夕食 わんこ春巻きの店
21ː00 ホテルに戻る

6日目 バンメトート→ダラット市、高原野菜の大産地へ
7月21日(土)
 6:00 朝食 @ホテル
      ホテルチェックアウト
 7:00 バンメトート発
12:00 昼食
14:00 HOPE LAND(北海道の日系農場がダラットへ進出した。)
16:00 天生農場(有機のトマト農場)7ヘクタールの農場、2ヘクタールのハウス
18:50 ダラット空港着
19:50 ダラット空港発
21:40 ハノイ空港着
23:00 ホテルチェックイン @ハノイ


7日目 ニコニコヤサイが売られている店舗と民芸品の村
7月22日(日)
 7:00 朝食 @ホテル
 8ː00 出発 
 9ː00 エコパーク ニコニコヤサイを販売しているサンデーマーケットへ
11ː00 バッチャン村 陶芸品をつくっている民芸村へ
12:00 昼食
14ː00 イオンロンビエン店へ
      野菜売り場を見学
15ː05→22:15  (羽田)
翌月曜日1:20→7:20(福岡)
翌月曜日0:20→6:40(関西)